株式会社 竹野内建設

広島東部の新築・リフォームはパナソニックのリファインショップ(株)竹野内建設へ

 

スタッフブログ

施工事例

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

【営業時間】8:30−18:00
【定休日】日曜・祝日

Refine

 

新木造住宅技術研究協議会

 

広島県工務店協会

 

住宅保証機構

 

住宅保証機構

 

ひろしま住まいづくり支援ネットワーク

 

★五月の園芸教室♪続き

さて、9時半にスタートした庭のタマリュウ植えつけ作業、社長の指導のもとみんなで頑張りました。

途中、10時過ぎに休憩。冷たいオレンジジュースをみんなでいただきました。屋外て飲むと美味しさも格別でした。

タマリュウがどんどん植わっていきます。

 

IMG_0477.JPG

大きく育ってね。たまりゅう

 

さらに、際の部分も植えちゃいましょうと言う事で、一人一鉢運動みたいな光景です。

 

IMG_0479.JPG

際にも植えてます!

#ひろしまの木で作る居心地の良い家 #園芸 #庭のリフォーム

★舞台作り裏方さん

IMG_0156.JPG IMG_0157.JPG

今日は朝から上棟という事で会社はバタバタ。

かたや、会社の春のイベント・住まいづくり相談会の当日。

会場のセッティングがあり、裏方さんは早目にパナソニックのショールームに到着しました。

ショールームの担当スタッフさんたちの応援でバッチリ

★下見しました

4月1日土曜日、今月の「住まいの無料相談会」会場となるパナソニックリビングショウルームのイベントスペースを下見して来ました。

 

IMG_9982.JPG

What?

 

さてさて、このフック、いったい何に使うのでしょうか?

魚釣り? パン食い競争? それともほかに?

正解の方、当日、会場にてささやかな可愛いプレゼントを差し上げます。!(^^)!

 

♯窓♯眺め

♯窓♯眺め

 

さてショウルーム2階のイベントスペースは、とっても眺めがよくってカフェみたい。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

★窓は景色を

あっと言う間にやって来た4月

新しい学年、新しい職場、新しい場所・・・

それぞれの人に色んな「あたらしい」がある4月。

遠くの山を見ると、いっせいに桜の花が開いている。

カフェの外に置いてあるテーブル席は

冬の間は暇を持て余していたけど、おしゃべりに花を咲かせる友達連れを迎えて、

ちょっぴりかしこまっている。

そう、

窓は景色を眺めて楽しむためにある。

 

No Window, no life. な私です。

 

123 026

★天窓・トップライトのある暮らし ~bringing light to life~

おはようございます。
今日はフルリノベーション中のT邸のことをご報告します。
こちらは、子どもたちの巣立った夫婦2人の「これからの暮らし」をデザインしています。
リノベーションで従来の住まいと変わるのは、東側に接する隣近所からの視線やプライバシーに配慮した開口部。
以前は、東西南北に広い窓があった明るい室内。
その明るさを確保するのがトップライトです。採用したのはVELUX社の電動開閉式天窓。
             ↓ ↓
IMG_9647
昨日、現場の2階に上がり天井を見上げてみました。
美しい木目と空からの光。なんだか、子供時代に過ごした故郷を思い出します。
説明によると、業界初のLow-E トリプルコーティングと、高い防水性能を備えたもの。

  断熱 H28省エネ基準1~7地域対応
  遮熱 日射侵入71%カット UV96%~99%カット
  防水 水密性 W-5等級 (最高等級)

 

ame02.gifhare.gif 風や光を感じる暮らし、待ち遠しいですね。  (記 3月7日火曜日)

★土曜日、現場調査&ヒアリング

2月もあっという間に過ぎていくように感じます。みなさんはいかがでしょうか。

今日は社長は、朝8時過ぎに隣町の新規客様宅訪問。

「仏間」についてのご相談でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そこから帰社してすぐ今度は、次の現場調査へ。

高齢のご両親が安心して暮らせるような住まい、ご家族は心配ですもんね。

 

16938718_1303292786414658_8474875723776284897_n

 

10時にお約束していたのに、15分も前に到着した社長。しかし現場調査は念入りに実施し、予定の1時間を超えてしまいました。

その間、同行した私はお話を聞かせて頂いていたのです。現場調査を終えた社長もお話に加わって、さらに詳しいヒアリングを致しました。

 

12時を越える頃、お宅を失礼しました。1日でも早くというご依頼です。F様ご家族のために、頑張らせていただきます。

★庁舎の価値

デスクトップに残っていた写真です。

 

140111_0857

 

数年前の出張時、足を延ばして訪れた香川県庁舎東館。

バスでたどり着いたとたん、心が震えました。

ここにも、丹下健三が!という熱烈なメッセージが胸に届きます。

 

1958年に竣工した香川県庁舎東館は、戦後日本を代表する建築だと言われています。

ル・コルビュジエによる近代建築の5原則(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由なファサード)の総てを織り込んだ設計案であったとされます。

 

まず、私が圧倒されたのはコンクリート打ちっぱなしの柱がつくる迫力あるピロティの空間でした歩き廻った後は、県庁舎内部に入り、建物を実感することができました。

 

また、機会があれば訪れてみたい建築です。

 

公共建築は市民生活と深く関連しながら、後世に残るものであるべきだと思います。

私たちの町にも新しい庁舎が創られる予定です。

どんなコンセプトを持ち、どんなデザインで、どんな素材で創られるのか、しっかりと見守りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★清水南山展に行きました

読者プレゼントで当選したチケットを片手に、ひさしぶりに県立美術館に行きました。

私の知らない世界、彫金。

「清水南山-広島が生んだ近代金工の巨匠-」という特別展です。

平山郁夫の祖母の兄でもある清水南山は広島県初の特待生で現東京芸大に入学したそうです。

1875年3月30日生まれ、1948年12月7日没、72歳でした。

美しく精巧な作品の数々を見て歩く中、私が心ひかれたのは昭和14年(1939)南山が63歳ころに製作した猫金具付小児用手提げです。これは、孫娘のためのもの。

南山は孫娘の誕生に健やかな成長を祈るような掛け軸も三幅。

それぞれ、そのエピソードが説明されており、生まれた孫娘に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

会期は2月12日まで。こんどの日曜までです!

清水南山パンフ

 

★本日届いた賞状

2月7日、寒い朝ですね。立春を過ぎても、まだまだです。

今朝、出社いたしましたら大きな茶封筒の郵便物が机上に置かれていました。

ははぁ・・・、A3というサイズでなんとなくわかりました。

 

ひろもく賞状

 

表彰式には参加しなかったものですから、郵送して頂いたのです。

長期優良住宅3棟のこの「杜のアレイ・プロジェクト」完成を多くの方に祝って頂いているようで、嬉しい限りです。

 

プロジェクトの基本デザインを委ねた現代計画研究所の方々、ありがとうございました。

 

hiromoku

 

 

 

★「Panasonic デザインアワード2016」のこと

改めて、報告いたします。

 

「パナソニック デザインアワード2016」に応募しておりました2016年7月完成のリフォーム事例が全国優秀賞を受賞いたしました。

 

中四国地区審査を通過した77作品が、汐留での全国審査会で審査を受けたのです。

その厳しい審査で認められたこと、光栄に思います。

題して「若い二人のための、木の香る空間リノベーション」。

後日、取材が無事終了した日、素敵な住まい手ご夫婦とともに祝杯を挙げることが出来ました。

 

H邸は、県産材・地域材を多用した上質で快適な木質空間が特徴です。

また、南側は植栽を設けたバルコニーガーデンとしました。 ↓

 

h-西からの眺め

 

キッチンに立った時でも目に飛び込むのは、清々しい景色! ↓

 

h-キッチン

 

これからも、素敵な住まいづくりをお客様のために頑張ります!